冷えよく効く!リンパマッサージで内臓疲労ケア【冷え編】2

内臓疲労ケア【冷え編】

 

内臓が疲れていると、

血流の低下を引き起こします。

血流の低下は【冷え性】を

引き起こします!!!

腸や胃の機能低下で便秘になり、

更には冷え性も・・・

そして、様々な病気の原因になります。

過去の配信を確認しながら、

お腹の冷えをケアしていきましょう!

内臓疲労ケア【冷え編①】

※基本手技をもう1度見ておく場合は↓

■マッサージ法

1.お尻上部から腰までをさする

【さする/四指】

お尻上部に親指以外の

四本の指を置きます。

そして腰へ【画像の様に】

さすります。

※画像参照 赤色ライン

◎温かくなるまで繰り返します☆

このマッサージでカラダ全体も

温かくなります!

背筋を伸ばして行いましょう。

不規則な生活を改善する事を

心掛けてください^^☆

内臓疲労ケア【冷え編②】

冷え性には、

内臓疲労ケア【便秘編①~⑥】

のマッサージも効果的です。

このマッサージと合わせて

ツボを刺激します。

■マッサージ法

2.水道を押し上げる

【押す/二指】

水道(すいどう)というツボがあります。

場所はおへそから

指4本分下側の部分を基点にして

指3本分外側の位置にあります。

※画像参照 オレンジ色点

そして指のはらで

上に持ち上げるイメージで

ゆっくり押し上げ

5~10秒間キープします。

◎5回程度繰り返します☆

不妊症にも効くと言われています。

3.神闕を温める

【さする/手掌】

神闕(しんけつ)というツボがあります。

場所はおへそにあります。

※画像参照 赤色点

お腹全体を円を描くように

10回程度さすった後、

おへそに両手を当て

じっくりと温めます。

◎お腹が温まるまで☆

以上が冷え性には非常に効果的です。

 

冷えはカラダには大敵なので

しっかりとカラダを温めましょう。

カラダを温める方法として、

靴下を履きますが、

【5本指のシルクの靴下を重ね履き】すると

冷え性改善だけでなく、

デットクス効果があり

肌荒れを防ぎ健康的なカラダを

保つことが出来ます。

そして、

長時間の外出時には・・・

【足用カイロ】をしてあげてください。

実は夏場も冬場も効果的!

足を温める事がカラダを温める事に

繋がります。

当たり前の事ですが、

少し気を付けるだけで

【体調は変わってくる】のです。

不規則な生活を改善する事を

心掛けてください^^☆

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事