必見!脚のむくみを一気に解決!具体的な方法とは?1

多くの女性が抱える脚のトラブル

脚のむくみに効くマッサージ


立ち仕事・座り仕事。

どちらでも夕方には脚が・・・パンパン(+_+)
とむくむ事があると思います。
ほとんどが【冷え】が原因。

流れが悪くなり、老廃物がたまり、
水分が溜まっています。
脚は水分代謝を上げる事で改善されていきます。

まずは末端の足先から☆

※基本手技をもう1度見ておく場合は↓

足先のマッサージ方法

1.足を両手で左右からつかむ

親指が甲のほうになるよう、
足全体を左右からつかみます。

◎やさしくです^^

2.リンパ腺を刺激しながらもみほぐす

【もむ/把握】

本をめくるように全体的にやさしくもみほぐします。

◎暖かくなるまで^^

3.足首にあるリンパ腺を押す

【押す/二指】

画像に記載の足首の2箇所を、
3~5秒、同時に押します。

◎痛気持ちいいくらいで^^

4.足の指骨と指骨の間をすべらせる

【さする/母指】

画像に記載の箇所を親指を重ね、
足首に向かって圧をかけながらすべらせます。

◎約5回程度ゆっくりと^^

痛ければ老廃物が・・・

老廃物がたまっています(+_+)
食事の塩分が濃いとたまりやすんです。

意識した食事と継続したマッサージで、
改善しましょう^^☆

足先の次は足首からひざの裏です。

足首からひざ裏へのマッサージ方法

1.くるぶしのまわりを押し回す

親指を内側、
人差し指と中指を外側に当て、
前に回しながら下から上へ押し上げてください。

じん帯のまわりは老廃物が流れにくいのです。

◎5~6回程度です^^

2.アキレス腱・ふくらはぎをもむ

【もむ/把握】

両手でアキレス腱・ふくらはぎの筋肉をもみほぐします。
上に引き上げるイメージで^^

◎5~6回程度です^^

3.足首からひざの裏へさすり上げる

【さする/把握】

足首から両手のひらを当て、
ひざの裏まで【強め】でさすり上げます。

ひざの裏には膝窩リンパ節があります。
そこまで流し込むイメージです^^

その際、

☓ 往復するようなさすり方

はダメ。

○ その都度、下から上へ

さすり上げてください。

※画像参照

◎5~6回程度です^^

4.ひざの裏をさする

【さする/四指】

指先をひざの裏に当て、
脚の付け根に向けてさすり上げてください。

◎痛気持ちいいくらいで^^

デスクワークの際は?

1時間に1回

屈伸運動をすることで・・・

むくみ予防となります^^☆

ひざの裏の次は、
股関節の鼠径リンパ節に向けてです。

足首から股関節へのマッサージ方法

1.寝転んで脚を上げ、鼠径リンパ節へ流す

【さする/把握】

寝転んで脚を上げてひざを曲げます。

両手で脚の裏側全体を包み込み、
足首から股関節の鼠径リンパ節へ
リンパをさすり流していきます。

ここは、圧力をかけながらですよ☆

※画像参照

◎5~6回程度です^^

2.両手を交互に動かしさすり流す

【さする/手掌】

両手で脚の裏側全体を包み込み、
足首から股関節の鼠径リンパ節へ
両手を交互に動かしながらリンパをさすり流していきます。

ここではやさしく密着する程度です☆

◎5~6回程度です^^

脚のむくみに非常に効果的

このリンパマッサージを出来るだけ行なってください。
脚のむくみに非常に効果的です^^

むくまない脚作りに向けて日頃から頑張りましょう☆

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事