運動しない宣言!痩せるスイッチ、押しませんか?褐色脂肪細胞

痩せるスイッチが人間にはある!?

こんにちは。
日常の片手間で美容に勤しむ、
「ながら美容族」のmieruです。

暑~い夏。
ジョギングやウォーキングは日焼けしちゃうし、
筋トレだって暑くてとても……。
そんな言い訳をして、
冷房の効いた快適なお部屋でアイスを食べている、
そんな貴女に朗報です!

痩せさせる脂肪

からだには“痩せさせる脂肪”があるらしいんです。
この脂肪のスイッチは背中にあるとか…。

面倒で辛いダイエットをしたくない!
でもとにかく痩せたい!

そんな方は、このスイッチをONにして
みることをオススメします。

●今までのダイエットのイメージと違う!
健康になって、こんなに痩せることも
できるなんて…

首の後ろにある代謝のスイッチ

首の後ろに代謝のスイッチがあります。
入浴時に、40℃のお湯と20℃の冷たい水を
交互に30秒ずつ首の後ろにあてましょう。

これを5回程度繰り返すと、
痩せ脂肪が刺激され体温が上がります。

褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞はダイエットにとても重要です。
なぜなら、「エネルギーを燃やす細胞」だからです。
この細胞を活性化すれば、
体温も基礎代謝も上げることができます。

褐色脂肪細胞は首・肩甲骨周り・脇付近に
密集しています。
運動しない宣言!痩せるスイッチ、押しませんか?褐色脂肪細胞
この褐色脂肪細胞を活性化させる方法は、
ズバリ「冷やす」こと!

冷たいものを触ると「寒い」という情報が
脳に大量に伝わります。すると、脳が
「体温を上げなければ」と判断し、
褐色脂肪細胞を活発に働かせるのです。

活性化の為のおすすめの方法を3つご紹介♪

①水を凍らせたペットボトルを用意して、
首をコロコロ、 脇をコロコロと
マッサージしましょう。

②冷タオルで、首 、脇、肩甲骨を冷やしましょう。

③冷シャワーを浴びましょう。(腕・首を各30 秒)

以上のいずれかの方法を行なって下さい。
皮膚の表面が冷たく感じたらOKです。
入浴中に何度か繰り返すと、効果アップ♪

また、お風呂を出るときは
最後に腕、ひざ下を冷水(10~20℃)で
各30秒冷やしてみてください。

東洋医学のツボ押しで代謝アップ

ツボ押しも代謝アップの効果があります!

●脂肪を燃焼しやすくするツボ『中かん』

みぞおちとヘソの中央にあるツボです。
ここを刺激すると、基礎代謝が上がるので、
エネルギーが消費しやすく太りにくい体に!

●全身の代謝をアップし
エネルギーを燃焼するツボ『気海』

へその中央から指幅2本分下がったところに
あるツボです。人差指の腹の部分で
やさしく押すのがコツです。

いかがでしたか?
痩せスイッチで、代謝を向上させることが
ダイエットへの近道♪

夜更かし、仕事の忙しさなどからくる
不規則な生活は、自律神経やホルモンの
乱れを引き起こし、代謝にも
影響を及ぼすことがあります。

現代の女性は、お仕事などの関係で
乱れがちな生活スタイルになって
しまっていることと思います。

健康のためにも美容のためにも、
一度生活全体を見直してみましょう♪

それでは次回をお楽しみに!

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事