ダイエット中でもお酒を飲んでOK♪太りにくい飲み方・食べ方

ダイエット中の太りにくい飲み方・食べ方

こんにちは。
時間の隙間に美容情報を
集めて楽しむmieruです(^o^)v

ダイエット中の禁酒は
あたりまえというイメージ
ではありませんか?

といってもお酒が好きで我慢
できない方や、付き合いで
飲まなくてはならない方も
多いのではないでしょうか。

そんなアナタに朗報です★
禁酒しなくても、ダイエット中に
お酒を飲んでもOKなんです!!

これからお話する内容を
是非参考にしてみてください!

ダイエット中でもお酒を飲んでOK♪太りにくい飲み方・食べ方

●お酒の太らない飲み方・食べ方

・お酒は適量に!

アルコールの適量は、年齢・体質・
運動量・食事量など個人差があるので
一概には言えませんが、ダイエット中
であれば1日100~200kcalが目安です。
(純アルコール量で20~25g)

具体的には、ビール中ビン1本・日本酒1合・
焼酎20度で1合・ウイスキー、ブランデー
ダブル1杯・ワイングラス2杯です。

・水分補給をする

お酒を飲むと、アルコール分を代謝・排出
する為に大量の水分が必要になります。

その為の水分が足りないと二日酔いや、
飲酒の翌日のむくみの原因にもなります。
お酒を飲んだら必ず水分を摂りましょう!

・水割りやお湯割りをする

カロリーを低くするお酒の飲み方
としては、お湯や水で割る方法が
あります。

特に、お湯で割ると体温の上昇を
助けてカロリーの消費量を
高めてくれるのでオススメです!

・おつまみに気をつける

お酒のおつまみはタンパク質を
意識的に摂るように心がけましょう。

糖質やアルコールを分解してくれる、
豆腐や枝豆など、豆類が特にオススメです!

●アルコールの嬉しい効果

梅酒:便秘解消

梅酒には、胃腸の動きを活発にさせる
「ピクリン酸」という有機酸が
含まれています。このピクリン酸が、
胃腸の動きを活発にしてくれて
便秘解消を促してくれるんです。

もともとアルコール自体にも
腸を刺激する要素が含まれているので
便秘解消の効果倍増ですよ!

ビール:脂肪燃焼

ビールに含まれる麦芽・酵母には、
ビタミンB・ミネラル・タンパク質
といった脂肪燃焼を手助けしてくれる
要素がたくさん含まれています!

また脂肪を燃やすだけでなく、
エネルギーに替える役割もあるので、
無駄な脂肪をつきにくくしてくれます。

ワイン:糖分を分解する

ワインに含まれるポリフェノールは
ニキビやシワ、肌老化の原因といわれている
活性酵素を除去してくれるのです 。

糖分を分解する働きがあるので、
食事で摂ってしまった糖分も、
ワインを飲むことで洗い流してくれます!

飲みすぎは注意

いかがでしたか?

アルコールは嬉しい効果も
あることがわかりますね。

お酒をほどほどに飲む人のほうが
寿命が長いと言われる理由が
分かる気がします(笑)

くれぐれも飲みすぎは注意ですよ!
楽しくお酒を飲みましょう(*´∇`)ノ

それでは次回もお楽しみに♪

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事