年末年始で疲れてしまった胃腸を助ける野菜!

胃腸の不調や胃腸からくる肌荒れ

こんにちは。
時間の隙間に美容情報を
集めて楽しむmieruです(^o^)v

年末年始で食べ過ぎたり
お酒を飲み過ぎたりと
一気に機会が増えると思います。

楽しい反面、
胃腸やお肌は悲鳴を
あげているかもしれません!

前日食べ過ぎたから、
カロリーを気にして
その分翌日の朝食は
抜いてしまおう!

という方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか??

でもこれでは胃が空っぽの時間が
長くなってしまうため、
かえって胃が
荒れる原因になります!

忘年会・新年会の予定が入っている
人も多いと思います。

生活時間も乱れやすいので
胃腸はダメージを受けます。

胃腸の不調や
胃腸からくる肌荒れに
悩まされる方も
多いのではないでしょうか?

今回は、そんな弱った
胃腸を整える効果が高い
“胃腸のレスキュー野菜”
である「大根」についてお伝えします!

寒い季節に美味しくなる大根

大根に含まれている
ジアスターゼという消化酵素は
消化を助けてくれる働きだけでなく、
胃酸をコントロールして
胃もたれや胸やけを
防止する働きもあります。

また、美肌や風邪予防に
効果的なビタミンCも
含まれています。

ジアスターゼもビタミンCも
加熱に弱いという性質を
もっているので、
これらの効果を
効率よくいただくには、
生で食べるのが一番効果的です!

ただし、
大根は生で食べると
体を冷やす作用が
あるといわれているので、
冷えが気になる
この季節にはどうやって
食べようか悩むところ。

そこで!

“ちょっと胃腸の調子が悪いな”
“胃腸からの肌荒れが気になる”
という時にオススメの食べ方は

温かいうどんやおじやの上に、
おろしたての大根おろしを
汁ごとのせていただきます。

その他、大根おろしを
たっぷり加えた
みぞれ鍋もオススメです!

いずれにしてもポイントは2つ。

・火をとおし過ぎないように、
食べる直前にのせる。

・おろしたての
大根おろしを汁ごと加える。

これで、大根の“
胃腸レスキュー効果”を
発揮させながら、
体もポカポカに
温めることができます。

大根で胃腸を守る

いかがでしたか??

様々なダメージを受けて
疲れた胃腸を労ることで、
お肌の調子も整ってきます!

ぜひ大根で胃腸を
助けてあげましょう!

それでは次回もお楽しみに♪

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事