美味しく食べてダイエット!よく噛んで食べる〇〇!!

健康的に保つ為には炭水化物も欠かせない

こんにちは。
時間の隙間に美容情報を
集めて楽しむmieruです(^o^)v

皆さんはダイエット中に
意識的に炭水化物を
抜いて過ごすことが
多いと思います。

でも、私達の身体を
健康的に保つ為に
炭水化物も欠かせない存在。

そこでオススメなのが
『うどん』です。

今回はダイエットに
適した炭水化物として
うどんのダイエット効果と
正しい実践方法について
ご紹介致します。

うどんダイエットのメリット

■満腹感が得られやすい

うどんダイエットの
最大のメリットは満腹感です。

うどんはコシが強いので
自然と噛む回数が増えます。

すると満腹中枢が刺激されて、
少量で満腹感を
得ることができます。

またコシの強いうどんは
他の主食と異なり
消化スピードが遅く、
炭水化物の吸収が
遅くなると言われています。

そのため同じカロリーの
主食を食べた時に比べると、
うどんはカロリーを
蓄積するよりも消費されやすくなります。

そのため
太りにくいというわけです。

うどんダイエットを行う際は、
讃岐うどんなどの
コシが強いうどんを
選ぶようにしましょう。

■意外と低カロリー

ダイエットをしている時に
1番気になるのが、
食べ物や飲み物のカロリーです。

あまり知られていませんが、
うどんは他の炭水化物よりも
はるかに低カロリーです。

100gあたりのカロリーは
白米が160kcalに対して、
うどんは105kcalと
約3分の2程度の
カロリーしかありません!

1食分を約250gだとしても
270kcalにしかならないので、
うどんは意外と
低カロリーな食べ物なのです。

■少ない炭水化物

ダイエット中は炭水化物を
避けるために
うどんも敬遠されますが、
実はその他の食材と比べると、
うどんの炭水化物ははるかに
少ないことが分かります。

お餅の炭水化物量が
100gあたり50.3g、
食パンが46.7g、
白米が37.1g、
スパゲティーが28.4gと
多いのに対して、
うどんはたったの21.6gと
ズバ抜けて少ないことは
一目瞭然なのです。

 

身体に炭水化物はなくてはならない存在

いかがでしたか??

いくら炭水化物が太る
とは言っても、
健康的な身体に炭水化物は
なくてはならない存在です。

ですから、
うどんを食べて健康的に
ダイエットをしてみましょう。

それでは次回もお楽しみに♪

基礎知識
知らないと損?リンパマッサージを施すメリット2
↓ 基礎知識を再確認しましょう ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事